長寿企業に学ぶ

日本に長寿企業が多いのは有名な話で、100年以上続いている長寿企業(100年企業)が15,000社以上あると言われています。そのような長寿企業から学ぶことは非常に多いのではないでしょうか。

世界でも日本が長寿企業が多い理由として、家訓・家憲の存在があると言われています。家訓は、商売を存続させていくための工夫の集大成。家憲は、家制の基本を具体的に定めたルール集だと考えられています。

FBAAコラムでは、そんな長寿企業が行っている工夫(家訓・家憲や社史の活用)を専門家が分かりやすく解釈し、皆様にご紹介していきます。

Top