FBAAは日本で初めてのファミリービジネスアドバイザーの養成と交流を目指す協会です
 
English 会員ページ
HOME > 認定プログラム > 受講者の感想
 FBAAファミリービジネスアドバイザー 資格認定プログラム
 受講者の感想
   
 

⇒ ファミリービジネスアドバイザー資格認定プログラム案内

 

◆ 

今回当協会で受講したFBAAファミリービジネスアドバイザー資格認定プログラムは、
中小企業向けの経営コンサルティング業務を中核ビジネスとしている私にとっては
ほんとうに有益で素晴らしく楽しいものでした。当プログラムの内容ばかりではなく
同期生との交流が、本当に貴重な財産となりました。同期生の方々各方面(法務、税務、
経営コンサル、金融、行動科学など)の専門家や経験者でした。同期生との交流から
形成できた人脈は、クライアントにとって、これからの私の事業承継提案をより
価値があり重層なものになることは疑いがないと確信しています。
このプログラムを受講できる機会を与えていただいた同協会の理事の方々に感謝致します。
  

 未来計画有限会社
 代表
 岡本 浩(経産省登録中小企業診断士)
   
◆ 

一部の理事の方とは面識がありましたので、そのノウハウを吸収するということ
で思い切って申し込みました。実際、実務経験にもとづく講義内容は素晴らしい
ものでしたが、それぞれの専門分野でファミリービジネスを応援している仲間と
議論する場であったことはこれまでのキャリアの中でも最も貴重な経験となり、
実務にも役立っています。
是非、一緒にファミリービジネスを盛り上げていきましょう。
  

 (匿名、金融機関勤務)
 
◆ 

FBAA認定プログラムは大変参考になりました。
特に、3円(スリーサークル)モデルの理解が深くなりました。
プログラムでケース(事例)を活用した際、参加者が下記の3つの
領域から万遍なく参加しており、同じケースを検討したにも関わらず、
3つの視点から全く異なった対応策が導き出されていました。
改めて、3つの視点からファミリービジネスを見ることが重要であることを実感できました。

●経営管理系(経営コンサルタント、中小企業診断士)=ビジネス
●金融・財務系(税理士、金融関係者)=オーナーシップ
●行動科学・心理系(臨床心理士、コーチ・カウンセラー)=ファミリー
  

 経営サポート研究所
 代表
 福地真一 (経産省登録中小企業診断士)
   
◆ 

「先生、うちの為に、これを受講してくれ!」とのお客様の要請で、FBAA講座を受講しました。
中小企業経営者のご相談に預からせて頂く上で、経営コンサルタントは経営の視点から、
税理士は税負担の視点からのアドバイスに傾きます。
依頼者の立場に立って考えるとき、専門性と総合性の複合的な視点を陶冶することが必要です。
オーナーとしての視点、オーナーファミリーの一員としての視点、 経営幹部としての視点、
ファミリービジネスであることから精神分析学的な視点等の業際的な課題を、
総合的体系的に学ぶ場がFBAAであると実感しました。
  

 (株)オフィスワーク宮崎、(有)財務経営サービス
 代表取締役・税理士
 中村 健一郎
   
◆ 

企業にとって事業承継は避けて通れない大きなテーマです。
私は保険を使ってのソリューション提案がメインでしたが、ファミリービジネスコンサルティングでは「ファミリー、ビジネス、オーナーシップ」の3つの要素を効果的に結び付け企業の永続的な発展を目指します。
FBAAには多様な分野の専門家が集まっており、相互研鑽することで効果的な提案が可能になると思われます。
今後の日本の成長戦略には欠かすことのできない企業の発展に、3つの要素の結び付けは必須です。
この素晴らしいコンサルティング手法を身に付けたことで、企業経営者との関係が進化することは間違いありません。

 

株式会社ライフプラザパートナーズ(総合保険代理店)
エグゼクティブファイナンシャルアドバイザー
株式会社B・サクセション(事業承継コンサルティング)
代表取締役
袖川章治