3円(スリーサークル)モデルの重要性について

3円モデル

私の小学校3年時(昭和41年)の願いは、以下のようなものでした。

『親子仲良く、いつ潰れても誰にも迷惑をかけない、社員と仲良く』

言い換えると、

● 「争いのない家族」:貧しくても楽しい我が家

● 「経済的に立ち行ける」:うまく経営できる(経営管理、マーケティング、生産)

● 「社員と仲良く」:うまく経営できる(人事・労務管理、人的資源管理)

小さい頃より家業(家具製造販売・小売)の躾を受ける中、
昭和37年に祖父が相談にのっていた建具屋の夜逃げの跡を見たり、昭和38年4月より始まった親子(2代目祖父と3代目父親)喧嘩の中、昭和40年に祖父母夫婦が出て行ってしまう、そして家業に従事する中、トラックの中等で社員の両親に対する様々の不平・不満を聞いていたためでした。

そして、母親の実家に農作業の手伝いに行った際に、母方の祖父から「俺は第2保証人になっている」と聞いたことがきっかけとなって、上記の言葉になったように思います。

上記の願いについては、ずっと心の中で悩み、対策案について考え続けてきたように思います。

そして3円モデルと出会い、FBAA事務局長の武井さんの本を読む中、その悩みと対策について光明が見えてきたように思いました。

3円モデル(下記図参照)は、ファミリー、ビジネス、オーナーシップの3つの視点からバランスよくファミリービジネスをとらえ、その継続と発展を促進するものであり、その活用を促進していきたいと考えています。

※現在、家業は明治42年創業以来104年となりますが、弟が4代目として家業を継いでくれ、盛り立ててくれています。

Top